SM33話「ヨワシ強し、池のぬし!」 感想 - エルスの日記

SM33話「ヨワシ強し、池のぬし!」 感想


SM33話「ヨワシ強し、池のぬし!」の感想です。


仲間の支え

スイレンの頑張りを見て、勇気を振り絞って池のぬしに向かって行くアシマリ。
注意を引きつけたり、バブル光線で攻撃したりとスイレンを支えます。

サトシとピカチュウはぬしに手は出しませんが、ぬしのサポートをしているママンボウの相手を引き
受けることでスイレンの対決を支えます。

力を試されているのはスイレンですが、決して一人だけで戦うわけではない。
ぬしに仲間がいたように、スイレンにも仲間がいて仲間を信じて一緒に何かを成し遂げる。
その仲間との信頼もぬしに試されていたことなのかなと思います。

サトシの島巡りをクラスメイトの仲間たちが支えてくれるように、今度はサトシがぬしとの対決を支
えるという形になっているのも良かったです。


ぬしの正体

アシマリが「アクアジェット」を覚えてぬしに突撃すると、ぬしが分散し正体であるヨワシの群れが
姿を現します。
新しいワザを覚えて、そのワザで強大な相手の正体も分かるという衝撃の画が続くのが、かっこよく
て面白かったです。

ミズZ

群れの中の一匹、スイレンが助けた絆創膏を貼ったヨワシがスイレンにミズZを渡してくれました。
スイレンに助けてもらえた事でスイレンの優しい心を知り、この子になら試練を与える価値があると
思って強さを試すために群れた姿となってスイレンの前に現れて、見事試練を突破した証としてZク
リスタルを贈ったのではと思いました。



サン&ムーン公式サイトの次回予告の煽り文

今日は自由行動の一日
スイレンと釣りへゴー!
すごい大物が釣れちゃった!?
どうする!?スイレン!!





スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://elesdiary747.blog.fc2.com/tb.php/775-51f331ec